下肢静脈瘤の治療をしっかり行ないましょう~早期に改善~

2人のドクター

早期発見にかかせないもの

笑顔の看護師

乳がんは早期発見、早期治療で治りやすいがんです。早期発見するには1年に1回の乳がん検診が非常に重要となります。月1回の自己検診も大切ですが、この段階で乳房のしこりを感じた場合は2cmより大きい可能性があります。しこりの全てが乳がんではありませんが、すぐに受診することが大切です。

View Detail

高齢者の骨の病気

女性

専門の医療機関とは

骨粗鬆症は人がかかる疾病の中で少なくない病気ですが、専門の医療機関の適応が取り残されているというのが現実です。 現在骨粗鬆症は、おもに整形外科、さらに外科、あるいは内科、婦人科のドクターによって診断が実施されています。これについては骨粗鬆症が単純に骨のみの疾病ではなく、身体全体の代謝に関連している疾患という理由からです。 しかしながら、診療科に伴って治療へのポイントがある程度差がありますので、自身がどういった診療科へ通ったらよいかを 先だって意識しておくと安心できます。 現実には病を患っている方が腰痛などの自分で気付く症状を訴えて行くのは整形外科が普通です。そして骨折を引き起こした深刻な病を患っている方も整形外科の範囲内となると考えられます。

適切な薬の投与が必要です

骨粗鬆症の治療に要する薬についてですが、加齢現象などによって減少してしまった骨を年が若いころのように復旧する薬はない状況です。 しかしながら、ここにきて早い時期の治療を活用して、骨粗鬆症が原因の骨折が格段に防ぐことが出来るようになりました。 今日現在扱われている薬は、骨が溶けるのを阻止する薬、さらに骨を構築することを支援する薬、そして骨の代謝をコントロールする薬がありますカルシウム剤は栄養成分でもありますから、就寝する前に牛乳で摂取すると、カルシウムも補充できます。 あとエストロゲン製剤、活性型ビタミンD3製剤 など多種多様に治療のための薬は存在しており、あらためていうまでもなく、ドクターの適切な指示が必要となります。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤はすぐに治療を行なったほうが良い病です。女性に多い下肢静脈瘤は最初は足が重く感じ、何となくだるい、むくんでいるといった症状から始まるため、早期に気付くことができない人が多いのです。足の血管が浮き出ているといった場合には確実に下肢静脈瘤なので一度病院に行きましょう。

がんの基本的な治療

病院

乳がんは早期発見で治療を行なえば約2ヵ月程度で治療が終了します。それに手術は乳房温存手術となり精神的負担が少なくて済みます。一方、術後にホルモン療法を行なう場合は最低でも5年間治療期間が必要となります。ですから定期検診をきちんと行い乳がんを早期発見することは非常に重要なことなのです。

View Detail

腎臓の機能低下

ナース

腎臓病の症状はすべてあるとは限りません。人によって症状が違うので、いくつかあてはまった方は早めに診察を受けましょう。腎臓病は進行すると日常生活を送るのに支障が出てきます。早期発見して腎臓病の進行を防ぎましょう。

View Detail