下肢静脈瘤の治療をしっかり行ないましょう~早期に改善~

ナース

腎臓の機能低下

ナース

気がつくと進行している

腎臓は人間の体の中で重要な働きをしています。腎臓の働きはたくさんありますが、主なものは3つあります。まず一つ目は、老廃物をろ過して尿を作ることです。これはご存じの方も多いでしょう。次に、体の中の水分の調節も行っています。そして、もう一つが血圧の調節です。腎臓といえば尿を作るところというイメージの方も多いでしょう。しかし、腎臓はそれ以外にもさまざまな働きをしています。ですから腎臓病が進行すると、体に次々に不調の症状が現れます。しかし、初期の腎臓病にはあまり症状が見られないと言われています。その症状に気づかずに生活を続けると腎臓の機能が徐々に低下していきます。不調を感じ、診察を受けたら透析の寸前だったということも珍しくありません。自分でも比較的確認しやすい腎臓病の症状があります。ぜひチェックしてみましょう。

思い当たることはないか

まず、尿の状態尿からたんぱくが出た場合は注意しましょう。疲れなどでたんぱく尿が出る場合もありますが、数回続くようなら腎臓病の可能性が高いです。また、人によっては血尿が出る場合もあります。次に尿の量普段より尿が増えた、減ったなど変化が起きます。腎臓病になると尿が減ると思いがちですが、一時的に増えることもあります。その後、尿が徐々に減っていき、さらに進行すると全く出なくなります。そして、前述したように高血圧腎臓は血圧の調節をしています。腎臓の機能低下が起こると、血圧を調節しきれなくなり高血圧になります。自分の健康な状態の血圧を知っておくと異常に気づきやすいです。また、腎臓が老廃物をろ過しきれなくなると、余分な水分が体の中に溜まりむくみを起こします。むくんできたら病気を疑う心構えが必要です。