下肢静脈瘤の治療をしっかり行ないましょう~早期に改善~

ナース

早期発見にかかせないもの

笑顔の看護師

乳がんの場合

日本人の乳がんは30代後半から急増し始め40代後半がピークとなりますが、20代から80代のどの年代でもかかる可能性がある病気です。女性のがんの中で最も罹患者数が多く年々増加しています。一生のうち12人に1人が乳がんと診断され、死亡率は第5位となっています。このことから比較的治りやすいがんだといえます。ですから早期の状態で発見することが重要となります。乳がんが増加している原因は、昔に比べ晩婚化や高齢出産、食生活やライフスタイルの欧米化でエストロゲンにさらされている期間が長くなっているためと考えられています。乳がんにならない予防法はありません。しかしごく早期や乳房のしこりが小さく2cm以下であれば9割近くが治る病気なのです。しこりが2cm以下で見つけることが理想的ですが、自己検診でわかるのは2〜5cm程になってからといわれています。しこりが2cm以下の頃は自覚症状がほとんどないため、乳がんの早期発見には定期的な乳がん検診がなによりも重要となってきます。

検査の特徴

乳がんは毎月の自己検診も大切ですが、しこりになる前の超早期の段階では手で触っただけではわかりません。触ってわかる大きさは2cm前後、医師が視触診で発見できる大きさは1cmぐらいといわれています。そこで画像診断を利用すると1cm以下の小さなしこりや、しこりになる前の石灰化の状態を見つけることができるのです。乳がんの画像診断はマンモグラフィと超音波の2種類があります。マンモグラフィは撮影が5〜10分程で終了し、大きいしこりから小さいもの、しこりになる前の石灰化も見つけられます。しかし若くて乳腺が厚い人の乳房は、しこりが乳腺に隠れて発見しずらい欠点があります。一方、超音波はこのような人の乳房のしこりも発見できますが、石灰化は見つけられないという欠点があります。40代〜50代は乳がんが増加してくるため月1回の自己検診と画像診断が含まれる乳がん検診を年1回行なうことが勧められます。20代は自己検診が必要です。30代は自己検診に加え、超音波が含まれる乳がん検診がよいとされています。60代はマンモグラフィで乳房の様子がよく見えるのでこれを利用する乳がん検診を2年に1回行なうとよいとされています